安政5年の大火

 

安政5年11月15日(1858年12月19日)は,北風が烈しく吹く日でした。下谷練塀小路の若林源作邸から出火した火災は,同屋敷に連なる武家屋敷に次々と延焼しました。炎は佐久間町へと広がり,和泉橋も焼き落とし柳原堤を乗り越えて神田一円を残らず焼き,京橋付近まで延焼しました。この火災による被害は,およそ長さ延べ2.5 km,幅は平均して800 mほど,町家が町数にして259町,武家屋敷80軒ほどと記録されています。

図1と図2は火災の被災地(黒く塗られていない部分)を記した資料ですが,下谷練塀小路の若林源作店が出火地点と記されています。店と書かれているので,商家だったのかもしれません。

 

図1   下谷練塀小路出火,焼場薄朱色彩色入二枚組(安政5年)の1。赤色の線で囲んだ部分には,「出火下谷練り屏い小路若林源作店」と書かれている。若林源作邸と推定される地点を,赤色の丸印で記した。

 

図2   下谷練塀小路出火,焼場薄朱色彩色入二枚組(安政5年)の2。赤色の線を引いた部分には,「下谷ねりべいこうじ辺が出火して」と書かれている。

 

若林源作邸の存在は,江戸切絵図でも確認することができます(図3)。若林源作邸があった場所は,秋葉原UDX(千代田区外神田四丁目)辺りと推測されます。

 

図3     江戸切絵図集成 vol.3,中央公論社,p97より抜粋。若林源作邸を赤色の実線で囲んだ。青色の破線は,現在の練塀町と推定される地域。

スポンサーリンク

練塀小路

江戸時代の頃,練塀町は周囲をにぎやかな町屋(商人と職人の町)に囲まれ,立派な練塀がある落ち着いた武家の屋敷地でした。武家地には町名がないのが普通なので,江戸時代(1850年頃)の地図(図1)を見ると,町名は書かれておらず,通りの名前には「子リベイコウ●(ねりべいこうじ)」という通称が使われています。

図1     江戸切絵図集成 vol.3,中央公論社,p97より抜粋。子リベイコウ● (●はチに〃)の部分は,赤枠で囲んである。現在の秋葉原駅は,麹町平河町一丁目代地の辺りで,青枠で囲んである。

練塀町が正式な町名になったのは,明治5年(1872年)のことです。成立当時の戸数は75,人口は375人でした(東京府史料)。明治11年(1878年),町はいったん下谷区(現在の台東区)に編入されます。その後,昭和18年(1943年)に,南半分が神田区(現在の千代田区)に編入され,昭和22年(1947年),千代田区ができたときに神田練塀町になりました。

スポンサーリンク