手塚良斎

 

図1は幕末の江戸切絵図で,下谷練塀小路(現在の練塀町)に手塚良斎という名前が見えます。手塚良斎(手塚良庵)(文政9年(1826年)-明治10年(1877年))は,蘭方医でした。医の道を志して手塚良仙光照(良仙光照)に入門し,弘化元(1844)年に良仙光照の次女と結婚して手塚家の婿養子となりました。安政2年(1855)に緒方洪庵が大阪に開いた適塾に入門,当時適塾で学んでいた福沢諭吉と学友になり,福澤の著書『福翁自伝』にも名前が出てきます。 その後江戸へ帰ってからは,大槻俊斎(文化3年(1806年)-文久2年(1862年))らと共にお玉が池種痘所の開設に尽力しました。

大槻俊斎は,良仙光照の長女と結婚していたので,手塚良斎と親戚関係にありました。大槻俊斎は,お玉が池種痘所の開設後,初代頭取(所長)となりました。その後,お玉が池種痘所は,西洋医学所,医学所等と改称し,東京大学医学部に発展しました。

手塚良斎の息子が手塚太郎(文久2年-昭和7年)です。手塚太郎は法律家で,関西法律学校(現在の関西大学)の創立者であり,長崎控訴院長を務めました。手塚太郎は「チャキチャキの江戸っ子弁で講義した」との逸話が残っていますが(湯川敏治,関西大学年史紀要 10) ,練塀小路で生まれ育ったのですね。

手塚太郎は兵庫県川辺郡小浜村(現在の宝塚市)で晩年を過ごしましたが,その家で育った孫が手塚治(手塚治虫)(昭和3年-平成元年)です。手塚治虫は,曾祖父である手塚良斎を主人公として,『陽だまりの樹』という漫画を執筆しました。

 

図1     江戸切絵図集成 vol.3,中央公論社,p97より抜粋。手塚良斎邸と大槻俊斎邸を赤色で囲んだ。青色の破線は,現在再開発地区になっている。赤矢印は図2のカメラの方向を示す。

 

手塚良斎邸と大槻俊斎邸は,練塀町3番地付近にあったと推測されます。長らく練塀町3番地は日本通運の所有になっていました。昭和30年代,40年代は整備工場になっていて,スチームでトラックのシャーシを洗うニオイが立ちこめていた(中野仁史氏談)そうですが,その後は日本通運秋葉原支店になりました。日本通運秋葉原支店は,2016年に再開発のため取り壊されました。

http://skyskysky.net/photo2/201841/201607/3.jpg

 

図2は,現在の様子です。

 

図2  2018年8月撮影

スポンサーリンク