新元号元年神田祭

神田といえば祭!
神田に住んだならば(神田で働いたならば)祭!
神田祭は,400年以上続いている伝統行事です。
今年も祭の季節が近づいて参りました。

今年の祭は,2年に一度の本祭,そして改元の後,
新元号元年に全国に先がけて開催されます。

平成30年 4月30日 退位礼正殿の儀(天皇陛下のご譲位)
新元号元年5月 1日 剣璽等継承の儀(即位の礼)
新元号元年5月 9日~15日 天皇陛下御即位記念奉祝大祭
(神田祭本祭)

 

秋葉原東部地区の祭礼行事は,
以下のような予定になっています。

5月 9日 (木)
19:00~   鳳輦・神輿遷座祭(場所:神田明神)
5月10日 (金)
夕刻より  氏子神輿御霊入れ(場所:各町会の神酒所)
5月11日 (土)
11:00~13:00   神幸祭鳳輦渡御(場所:和泉橋~美倉橋)
18:00~19:30   宵宮連合神輿渡御
(場所:千代田区立和泉小学校前の道路)
5月12日 (日)
終日     連合宮入渡御(場所:秋葉原~御茶ノ水)
5月14日 (火)
11:00~    表千家家元献茶式 (場所:神田明神)
15:00~    前斎神事(場所:神田明神)
18:00~    明神能「幽玄の花」(場所:神田明神)
5月15日 (水)
14:00~    例大祭(里神楽は終日)(場所:神田明神)

 

少しずつ町内では準備が始まっています。
次のようなポスターを町内で見かけた方も多いと思います。

ポスター作成:島村裕(富士ソフト映像室)

ポスターがまだ残っています。
必要な方は,練塀町会青年部(info at neribei.net     at は@に変換)
までご連絡ください。

 

また,富士ソフト秋葉原ビル1Fのフロアでは,
神田祭のお知らせ動画を流しています。
波のように見える練塀(瓦でできた塀)が動いて,
祭だ!祭!という感じがします。
富士ソフト秋葉原ビルに立ち寄った方は,ぜひご覧ください。

動画作成:島村裕(富士ソフト映像室)

 

練塀町町会では,神輿への参加者と
氏子神輿の宮入参拝当日(5月12日)に
神田祭のお手伝いをしていただける方を募集しています
(町内在住・在勤の方に限ります)。

 

 

スポンサーリンク

ロケ地

練塀町は,よく映画やテレビのロケ地になっています。
下の写真は,2012年に公開された映画の一シーンです。
この映画はあるアニメの実写版ですが,そのアニメは何でしょう?

それはひみつ ひみつ ひみつ

 

ひみつのアッコちゃん(2012年,松竹)

 

子どもの頃よく歌っていた歌ですが,改めて歌詞を見ると
「リボンをつけたブタが出た ブーブーブー それはだあれ」
という部分が気になります。
たぶん気のせいだと思います。

これでいいのだ

 

富士ソフト秋葉原ビル。奥は新幹線の線路。 2019年1月撮影

スポンサーリンク

練塀町の路地1

図1の写真で足漕ぎ車を押している子どもは,中野仁史さん(当時三歳)です。着ているものは,佐久間幼稚園(現在のいずみこども園)のスモックです。写真奥には,秋葉原貨物駅(の屋根)とその手前にあった倉庫が見えます。撮影の方向は図2の地図に示す通りです。

 

図1  練塀町の路地(昭和35年撮影)。向かって右側は中野歯科医院,左側は西村家の大和塀。中野仁史氏提供

 

図2  練塀町の地図(昭和29年)。赤い矢印は,撮影の方向を示す。青く囲った線は,現在の富士ソフトアキバプラザを示す。

 

秋葉原貨物駅は,平成2年の神田青果市場の大田区移転に伴い廃止されました。その後,秋葉原貨物駅の地下は新幹線が通る第一上野トンネルになりました。また,貨物線の線路や倉庫が撤去された跡地には,富士ソフトアキバプラザなどが建てられました(図2)。

図1と同じ角度で撮影した写真が図3です。奥に富士ソフトアキバプラザが見えます。手前に見えるオレンジ・白・緑のひさしは, インドカレー屋のジャイヒンド (JAI HIND)です。本格的なカレーを提供する人気店でしたが,2016年1月に閉店し, 2016年3月29日から神田須田町で「アロマズ オブ インディア」として営業しています。

http://blog.livedoor.jp/ma888tsu/archives/52008683.html

 

図3  練塀町の路地(平成25年頃に撮影),中野仁史氏提供

 

写真を提供して頂いた中野仁史氏に感謝を申し上げます。

 

 

スポンサーリンク