練塀町の路地2

図1の写真でカメラに向かって歩いてくる女の子は,中野仁史さんのお姉様で当時2歳です。カメラは,中野電気商会の前の路地を北方向(図2)に向いています。

左側に見えるオートバイは,ホンダ・スーパーカブC100です。その後ろに写っている軽三輪車は,昭和34年に発売された初代のマツダ・K360で,中野電気商会が電気工事業に使用していたものです。当時はまだ取り締まりが甘かったようで,道路を軽自動車の駐車場代りに使用しても大丈夫でした。右側の木村自動車興業株式会社(自動車用品販売業)の前に停まっている車は,プリンス自動車と推測されます。

当時の軽自動車やオートバイは2サイクルエンジン(現在は4サイクルエンジン)で,燃料に混合油を使っていました。写真には写っていませんが,中野歯科医院の向かいに木造の油屋があって,そこから混合油を購入していました。また,普通自動車( 4サイクルエンジン)の燃料は,昭和通りのガソリンスタンドから購入していました。そのガソリンスタンドは,現在ラウンドクロス秋葉原 になっていて,一階にはKINKO’S,上層階には主に教育関係のテナント(河合塾マナビス秋葉原校,東京個別指導学院秋葉原教室,新美の秋葉原校など)が入っています。

https://www.kawai-juku.ac.jp/school/scl-top.php?ks=995&displayType=2

図1の写真左上には,銭湯の煙突が見えます。昭和30年代までの家は,銭湯に行く前提で風呂がないのが一般的でした。銭湯は,写真上の位置から推定すると,その後近畿日本ツーリストになり,現在は加賀電子になっている場所付近にあったと思われます。

 

図1   昭和35年頃に撮影。左側が中野歯科医院と中野電気商会。中野仁史氏提供

 

図2   練塀町の地図(昭和29年)。赤い矢印は,写真を撮った方向。青い点線で囲んだ部分は,現在再開発されている地区。

 

図3  2012年頃撮影,左側は中野ビル。中野仁史氏提供

 

図4  2018年8月3日撮影 左側は再開発地区,右側はオーディオ茂木。

 

写真提供および談話:中野仁史氏

 

スポンサーリンク