練塀町の路地1

図1の写真で足漕ぎ車を押している子どもは,中野仁史さん(当時三歳)です。着ているものは,佐久間幼稚園(現在のいずみこども園)のスモックです。写真奥には,秋葉原貨物駅(の屋根)とその手前にあった倉庫が見えます。撮影の方向は図2の地図に示す通りです。

 

図1  練塀町の路地(昭和35年撮影)。向かって右側は中野歯科医院,左側は西村家の大和塀。中野仁史氏提供

 

図2  練塀町の地図(昭和29年)。赤い矢印は,撮影の方向を示す。青く囲った線は,現在の富士ソフトアキバプラザを示す。

 

秋葉原貨物駅は,平成2年の神田青果市場の大田区移転に伴い廃止されました。その後,秋葉原貨物駅の地下は新幹線が通る第一上野トンネルになりました。また,貨物線の線路や倉庫が撤去された跡地には,富士ソフトアキバプラザなどが建てられました(図2)。

図1と同じ角度で撮影した写真が図3です。奥に富士ソフトアキバプラザが見えます。手前に見えるオレンジ・白・緑のひさしは, インドカレー屋のジャイヒンド (JAI HIND)です。本格的なカレーを提供する人気店でしたが,2016年1月に閉店し, 2016年3月29日から神田須田町で「アロマズ オブ インディア」として営業しています。

http://blog.livedoor.jp/ma888tsu/archives/52008683.html

 

図3  練塀町の路地(平成25年頃に撮影),中野仁史氏提供

 

写真を提供して頂いた中野仁史氏に感謝を申し上げます。

 

 

スポンサーリンク

練塀町再開発ビルの基礎工事

現在練塀町の再開発で建築中のビルは,地上21階,延床面積が30,700平方メートルになる予定です。このような大きな建築物の下には大きな力がかかっています。建物が沈み込まないような基礎はどうやってつくられているのか,調べてみました。

建築物の基礎とは,建築物の一番下で全重量をささえるものと定義されています。練塀町の再開発でつくられているビルの基礎は,場所打ちコンクリート杭工法でつくられています。場所打ちコンクリート杭工法では,現場に深い円柱状の穴を掘り,その穴に鉄筋を立て,コンクリートを流し込み,杭をつくります。練塀町の再開発では,アースドリル機を用いています。

アースドリル機を使った場所打ちコンクリート杭工法(アースドリル工法)では,次図のように直杭の着底部を拡大した拡底杭をつくることができ,広く用いられています。拡底杭は,杭の軸部を支持層まで掘削した後,掘削底部を拡底バケットにより円錐型に拡大掘削し,コンクリートを打設する手順でつくります。なお,深さは約30 mのようです。

スポンサーリンク

都心に住む

神田練塀町に関する記事が雑誌に掲載されました。

「都心に住む」の特集「TOKYO未来構想2.0」で神田練塀町が紹介されています(リクルート,平成30年4月26日,通巻1522号の第10ページ)。この記事は,不動産の購入を検討されている方を対象にしているので,練塀町在住・在勤の方にとっては既にご存知のことしか書かれていませんが,もしどこかで見かけたら目を通して頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク