安政5年の大火

 

安政5年11月15日(1858年12月19日)は,北風が烈しく吹く日でした。下谷練塀小路の若林源作邸から出火した火災は,同屋敷に連なる武家屋敷に次々と延焼しました。炎は佐久間町へと広がり,和泉橋も焼き落とし柳原堤を乗り越えて神田一円を残らず焼き,京橋付近まで延焼しました。この火災による被害は,およそ長さ延べ2.5 km,幅は平均して800 mほど,町家が町数にして259町,武家屋敷80軒ほどと記録されています。

図1と図2は火災の被災地(黒く塗られていない部分)を記した資料ですが,下谷練塀小路の若林源作店が出火地点と記されています。店と書かれているので,商家だったのかもしれません。

 

図1   下谷練塀小路出火,焼場薄朱色彩色入二枚組(安政5年)の1。赤色の線で囲んだ部分には,「出火下谷練り屏い小路若林源作店」と書かれている。若林源作邸と推定される地点を,赤色の丸印で記した。

 

図2   下谷練塀小路出火,焼場薄朱色彩色入二枚組(安政5年)の2。赤色の線を引いた部分には,「下谷ねりべいこうじ辺が出火して」と書かれている。

 

若林源作邸の存在は,江戸切絵図でも確認することができます(図3)。若林源作邸があった場所は,秋葉原UDX(千代田区外神田四丁目)辺りと推測されます。

 

図3     江戸切絵図集成 vol.3,中央公論社,p97より抜粋。若林源作邸を赤色の実線で囲んだ。青色の破線は,現在の練塀町と推定される地域。

スポンサーリンク

練塀町の路地3

 

図1の写真は,昭和51年の神田練塀町です。写真を撮った方向を図2に示します。図1の写真右側にムラタヤという文字が見えます。ムラタヤは食料品卸の会社です。神田青果市場から仕入れた食料品を袋詰めにして出荷していたので,店の前にいつも配送のトラックが止まっていたそうです。現在の様子を図3に示します。ムラタヤビルに変わっていますが,ムラタヤは現在もビルの裏側で営業中です。

 

図1  昭和51年10月12日撮影,田口重久氏提供

 

図2  練塀町の地図(昭和29年)。赤い矢印は,図1の写真を撮った方向を示す。

 

図3  現在の様子(平成30年8月撮影)。写真向かって右側がムラタヤビル正面。正面奥の木々に囲まれた部分が秋葉原練塀公園。

 

神田青果市場が移転した後,図1の写真左側の建物は取壊され,やがてつくばエクスプレスの工事が始まりました。その当時(2004年7月)の写真が残っています。その付近の現在の様子を図4に示します。路地が拡張されました。

http://sotokanda.org/shigeno/d/img/20040703g.jpg

 

図4  現在の様子(平成30年8月撮影)。写真向かって左側は,秋葉原練塀公園。

 

写真の使用を許可して頂いた田口重久氏に感謝いたします。http://masanori1919.web.fc2.com/

スポンサーリンク

中西忠兵衛

 

江戸時代,下谷練塀小路に中西派一刀流の剣術道場(中西道場)がありました(図1)。中西派一刀流(中西一刀流)は第九代の中西忠兵衛(中西忠兵衛子正)の時代に隆盛を極め,江戸でも一,二と云われていました。中西一刀流は,小野一刀流の分派であり,中西一刀流からさらに分派したのが,北辰一刀流です。

北辰一刀流を創始した千葉周作(寛政5年(1793年)-安政2年(1856年))は,中西派一刀流の浅利義信(安永7年(1778年)-嘉永6年(1853年))に入門し,浅利義信の養子となり,義信の師匠である中西兵衛子正からも学びました。やがて独立して北辰一刀流を創始し,神田於玉ヶ池に玄武館という道場をつくりました。

千葉周作が自らの流派を開くことを決意したため,浅利義信は千葉周作を義絶しました。代わりに迎えられた養子が,中西忠兵衛子正の次男である兜七郎です。中西兜七郎は,浅利又七郎義明を名乗り,江戸無血開城に貢献した山岡鉄舟(天保7年(1836年) -明治21年(1888年))らを育てました。

浅利義信や千葉周作も通った中西道場,残念ながら跡は残っていません。

 

図1     江戸切絵図集成 vol.3,中央公論社,p97より抜粋。中西道場を赤色で囲んだ。青色の破線は,現在再開発地区になっている。

スポンサーリンク