戦時中の神田練塀町町会

 

図1は,戦時中に秋葉原町会の町会長を務めた中野末作が遺した町常会記録です。表紙を見ると,いろいろな疑問が浮かびます。

 

秋葉原町会って?

現在の秋葉原町会は,台東区秋葉原にあります。もともと台東区秋葉原は,練塀町と松永町の一部でした。戦時中の地名は,それぞれ下谷区練塀町,下谷区松永町であり,一緒に練松町会をつくっていました。一方,戦時中の神田区練塀町と神田区松永町は,一緒に秋葉原町会をつくっていました。

 

常会って?

昭和15年9月の内務省訓令第17号「部落会町内会等整備要領」によって,町内会は正式に市町村の下部組織として制度化されました。この要領によって,町会は「常会」という集会を開き,その模様(伝達,報告,協議,申合,その他隣組に関する一切のこと)を詳細に記録することが求められました。

 

 

秋葉原町会の町常会記録には,次のような方々のお名前が記されています(順不同,敬称略)。この人たちは,秋葉原町会の町会役員であった方々です。ご存命であれば,確実に100歳を越えています。

鰐淵万次郎

中野末作

石原重一

深田栄次郎

内田賢治

中島仲右衛門

関口昇之

中山政吉

小西初太郎

小澤徳一

岡山繁蔵

後藤信繁

赤池高政

高菱幹夫

竹中勇次郎

丸山隆司

田崎たか

 

図1  戦時中の秋葉原町会の町常会記録

 

貴重な資料を提供して頂きました中野仁史氏に感謝いたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です