【神田祭とは】

【神田祭とは】
 御茶ノ水駅の近くに、「江戸総鎮守の神」として親しまれてきた「神田明神」があります。毎年5月、神田明神を中心に開催されるお祭りが「神田祭」です。日枝神社の山王祭、富岡八幡宮の深川祭と並び、「江戸三大祭り」の一つとされています。大きな催しとなる「本祭」は隔年で開かれ、2017年は本祭の年に当たります。お祭りの期間は約1週間ですが、メインイベントとなる「神輿宮入(みこしみやいり)」の日には、神田地区をはじめとする各氏子町会から、約100基の神輿が次々と神田明神に向かいます。早朝から夜にかけて順番に境内に入り、奉納される様子は圧巻です。当日は、秋葉原駅周辺も神輿や見物客であふれ、お祭り一色になります。

【神田祭全日程】
5月11日(木)19:00 鳳輦(ほうれん)神輿遷座祭
5月12日(金)19:00 氏子町会神輿御霊入れ(みこしみたまいれ)
5月13日(土)終日 神幸祭、子供神輿、宵宮渡御(よいみやとぎょ)
5月14日(日)終日 子供神輿、神輿宮入
5月15日(月)18:00 明神能
5月16日(火)11:00 献茶式
5月17日(水)14:00 例大祭

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です